816296

クリアファイルの製作、質問はお気軽にお問い合せください。

バナー

データ作成について

■使用ソフト(アプリケーション)

Illustratorアイコン
Illustrator(CS6まで対応)
Photoshopアイコン
Photoshop(CS6まで対応)
※QuarkExpress・InDesignでの入稿には対応しておりません。
ご使用の場合、またはその他のソフトをご使用の方は、あらかじめ担当営業にご相談ください。

■文字データはすべてアウトライン化してください。

弊社にない書体を使用されている場合、文字化けし、内容が置き換わってしまいます。
入稿前に忘れずにすべての文字をアウトラインしてください。アウトライン化できない書体をご使用されている場合は、ご相談ください。

■リンク画像は必ず添付してください。

配置データは「埋め込み」ではなく「リンク」で配置し、必ず添付してください。
透明機能などで埋め込まなければならない場合(※1)も、画像は添付してください。


■「リンク」「埋め込み」画像は必ず添付してください。

配置データは「埋め込み」ではなく「リンク」で配置し、必ず添付してください。
透明機能などで埋め込まなければならない場合(※1)も、画像は添付してください。
また、PhotoShop上でレイヤーのある.psdファイルがある場合は、一緒に添付してください。


■バージョンダウンをしての保存はおやめください。

バージョンダウンはトラブルの原因になります。バージョンダウンでの保存はおやめください。


■AdobeIllustrator Ver.9以降で透明機能を使用される場合、書類設定・画像・保存形式に注意してください。

透明機能(アピアランス含む)を使用することで、多彩なデザインが可能となりましたが、データが複雑になり、出力時のトラブルの原因となることがあります。以下の点に注意してデータ入稿をお願いします。

  1. リンク画像はすべて埋め込む。(※1)
  2. 書類のラスタライズ効果設定を350dpi以上に設定する。
    設定解像度により、仕上がりが変わります。
  3. 保存形式は「.ai(Illustrator形式)」で保存してください。
    透明部分に画像が重なる場合、eps形式で保存すると、埋め込み画像が分割されてしまうことがあります。出力作業に大きな影響がでてしまうので、ai形式(Illustrator形式)での保存をお願いします。

■カラー写真の解像度は、使用する原寸サイズで350dpi~400dpi必要です。

画像解像度が350dpiであっても、200%で配置するなど拡大して使用すると仕上がりは粗くなってしまいます。また、高解像度のものを縮小して 配置しても、データ容量が重くなってしまうだけで、仕上がりがきれいになるというわけではありません。画像は使用したいサイズで 350dpi~400dpiで作成してください。


■全角15文字以内のファイル名でお願いします。

Windowsではファイルの文字数に制限がないため、WindowsとMacintosh間でのデータ移動の際、ファイル名が表示されなかったり、文字 化けしてしまうなどの問題がおこることがあります。トラブルを避けるため、全角15文字以内のファイル名でお願いします。

■出力に関係のない不要なデータの入稿はおやめください。

最終出力をするために必要なデータのみをまとめて、ご入稿ください。不要なファイルはトラブルの原因になります。

■塗りたしは3mm必要です。

仕上げの際、必要になります。


■入稿データのバックアップは必ずおとりください。

クリアファイルのお見積もりは
こちらからお願いします。
Faxでのお問い合せにご利用ください。
お問い合せはフリーアクセス0120-816296まで
ご質問・ご相談などお気軽に
お問い合わせください!(担当:萩元)
クリアファイルを初めて作成される方は
こちらをご確認ください。
クリアファイルのデータ作成については
こちらをご確認ください。
クリアファイルのテンプレートの
ダウンロードはこちらからどうぞ。



再生PPや再生高透明PPで
ファイルを作製出来ます。

ファイル・透明シートの校正・サンプル インクジェットサービス大好評実施中!!
実際の材料による試作が出来ます。
直接、対応させていただきますので
お気軽にお問い合わせください!


『クリアファイル作ろう!』は大同紙工印刷株式会社が運営する、クリアファイル専門サイトです。